実は別物!婚約指輪と結婚指輪の違いって何?

婚約指輪と結婚指輪の違いは?

結婚の際に必要になる2つの指輪、『婚約指輪』と『結婚指輪』。似たような名前の2種類の指輪の違いは、その目的や意味にあります。
一般的に、婚約指輪とは婚約やプロポーズの際に、男性から女性に贈られる指輪です。絶対に必要というものではありませんが、婚約の証明や記念の意味で、やり取りを交わすカップルが多いです。記念としての意味合いが強い為か、デザインも華美でダイヤモンドなどがあしらわれた、やや高価なものが一般的です。
一方、結婚指輪は一言でいえば、夫婦でつけるペアリングです。結婚式での指輪交換で使われるのも、結婚指輪です。結婚指輪は既婚者の証となり、基本は常に身に着けるものになるので、婚約指輪に比べると、デザインはシンプルで、価格もやや安めの傾向があります。

婚約指輪と結婚指輪は本当に必要?

2つの指輪の違いが分かってみると、次に疑問に思うのは、本当に2つとも必要なのかという事です。特に、婚約指輪は記念の意味合いが強いので、近年の結婚の簡略化に伴い、いっそ不要だと考え、婚約指輪にかかる分の費用を、式やハネムーン、新生活準備に回すカップルもいます。
確かにその方が経済的なのでしょうが、やはり女性にとって婚約指輪は憧れで、特別な物。簡単に切り捨てられないのが乙女心と言うものです。
婚約指輪は、一見婚約から結婚までの短い期間しか使わないと思われがちですが、実は結婚後にも使用機会は意外とあります。それは結婚式やパーティーなどの華やかな場に出かける時です。そこでは、高級で煌びやかなアクセサリーとして、婚約指輪は再び活躍してくれます。
最近では、婚約指輪と結婚指輪がセットになったものも販売されているので、是非簡単に不要と決めつけず、一度はお店を覗いてみる事をおすすめします。

プロポーズとは、結婚の申し入れをすることです。主に男性から女性に求婚するときに使われます。最近では女性から男性へ伝えることもあります。お互いの結婚の意思を伝える大切なことです。